【自分石】ジブンセキ「ポポタン」(2話)

ポポタンのアタマ冷却装置

『石ころから始まるたった一つの物語』
【自分石】ジブンセキ
「ポポタン」の秘密

旅に出ていた石ころ、ポポタンが休息に帰ってきました!

今年はひっそりと咲く…『独りタンポポ』が増加傾向にあり、非常に多かったそうです。

「すべての独りタンポポの所に行けなかった。」

。゚( ゚இ///இ゚)゚。

ポポタンは悔しさを抱えながらの帰還となりました。。

独りタンポポとは…

タンポポが寄り集まって咲くタンポポ集団から少し離れてポツン。と咲くタンポポのことを『独りタンポポ』と呼びます。

一見、孤独に咲く普通のタンポポだと思う方が多いと思いますが、『独りタンポポ』はタンポポ界をリードする覚醒したタンポポです。

タンポポ集団とは…

集団で華やかに咲くタンポポは圧巻の美しさで…私たち人間をいつの時代も魅了し続けてきました。

だいたい同じ時期に…だいたい同じ風に流されて…やって来たタンポポ集団は、集団である強みを最大限にいかし、どんな過酷な場所であろうとも力を合わせてしっかりと大地に根付きます。

「此処は僕たち私たちが生きる場所だ!」

と言わんばかりに…
私たち人間に無言のメッセージ、重圧を与え、人間と共存する道を自分たちの力で切り開いて来たのです。

それでも願い叶わず引き抜かれ、息絶えるタンポポも沢山いたことでしょう…。

人間との共存

人間の心は残酷なまでに、自分都合で変わり果てることを私は知っています。。

綺麗な花を咲かせたタンポポを見ては「キレイだね」と心穏やかになることもあれば…

綿毛になったタンポポが風に乗り、次の人生に旅立つ頃になると…

「綿毛がたくさん飛んでくるのは嫌だ!」と文句を言い出し、タンポポを雑草扱いして抜き去るのです。

なんて残酷な世界なんでしょう!!

!!(っω<`。)!!

タンポポ界に現れた救世主!
ー 独りタンポポ ー

人間との共存の道は長く険しく…残酷な物語が繰り返されました。
時代を超えて、タンポポ界の課題として持ち越されて来たのです。

そんな暗い闇の時代はもう…ウンザリだ!!!

そう感じていたこの【地球】に、救世主として現れたのが…孤独に咲く花『独りタンポポ』です。

『独りタンポポ』は集団から離れて咲くことで、自分の人生に責任を持ち咲き誇ります!

自分の道を…自分で決断し実行して、ひたすら自分ストーリーを生きて行きます。( どこに根付き、芽をだし花を咲かせるか、綿毛としてどの風に乗って行くかを決める。)

自ら選んだその場所が、人通りの激しい繁華街の片隅だったという『独りタンポポ』は、常に踏み潰される危険と共に生きて抜いてきた強いタンポポと言えるでしょう。

一度や二度、踏み潰された位では息絶えません!

『独りタンポポ』は繁華街の酔っ払いオジサンにも黄色いスマイル☺で対応する器用さを兼ね備えています。
選んだその地でしっかりと自分の人生を生きて、成長して行きます…

そのような人生を選ぶ『独りタンポポ』が近年、非常に多くなってきていると言われています。

過酷な人生を選び、猛スピードで覚醒の道を行く『独りタンポポ』

そんな独りタンポポの人生を応援して廻っているのが、【自分石】ジブンセキ「ポポタン」という石ころです。

【自分石】ジブンセキ「ポポタン」(1話)
夢みる力よ蘇れ!【自分石】ジブンセキ「ポポタン」は、独りタンポポの人生を応援して廻る石ころです。

ポポタンは綿毛に掴まって、空を自由に飛びまわれるようになりました。上空から独りタンポポを探して助けに向かいます。

独りタンポポを見つけると…綿毛から手を離してストーンと落下、着地します。石ころ【自分石】ジブンセキ,ポポタンとタンポポ
独りタンポポの目の前に着地すると、すぐに子守歌を歌いだし…眠りの世界へと誘います。

こうすることで、独りタンポポの《夢みる力》を蘇らせることが出来るのです。

ポポタンの秘密

でもポポタンは…

本当は、誰一人として「眠りにつかせる」ことなど出来なかったのです。。

ずっとずっと、隠し続けてきたことがあります。

ポポタンの秘密を…

言わなくてはならない時がやって来ました。

恥ずかしくて言えなかったこと…

ポポタンの秘密を、告白したいと思います。

スポンサーリンク

実は・・・

ポポタンは・・

ものスゴい!音痴です。

タン❀(´×ω×`) •*¨*•.¸¸♪ng٩(❛□❛๑)✧ポポ【自分石】ジブンセキ「ポポタン」

ポポタンは独りタンポポを眠りの世界へと誘い…《夢みる力》を蘇らせることが出来たのは…

音痴だからこそ!!
成せる技だったと…逆説的に言えるでしょう。

《夢みる力》を蘇らせるには、独りタンポポを完全に眠らせてはなりません!

ポポタンは一生懸命、子守歌を歌いますが・・
その歌声に驚いて目を覚ます「ー覚醒独りタンポポー」も少なくないと言われています。石ころ【自分石】ジブンセキ,ポポタンとタンポポ
孤独に生きてきた
独りタンポポの人生に…

突然、空から地味な石ころが落ちてきて
目の前で子守歌を歌い出す…。

これは、独りタンポポにとって
とてつもない衝撃の出来事だったに違いありません。

そして、その歌声が耳を塞ぎたくなるような

音痴だったら……

とてもじゃないですが、心が追いつきません!(T0T)!

衝撃と混乱、独りタンポポの心をかき乱してしまうことも多々あるポポタンではありますが…

ポポタンの力、ポポタンエネルギーは、独りタンポポにしっかりと流れています。

《夢みる力》夢を叶えるパワーが流れているのです。ポポタンのアタマ冷却装置
休息に帰ってきた石ころ、ポポタンは…只今、

アタマを急速に冷却する装置
【花咲くビーカー(蕾アンテナ付き)】に入り…

夢の世界で新たな夢を叶える旅に…出掛けています♪

(※ねづきワールド)

【自分石】ジブンセキ「ポポタン」(3話)
緊急事態発生!【自分石】ジブンセキ「ポポタン」の休息空間『急速冷却装置(花咲くビーカー)』が大変な事になってしまいました。。そこに…石ころ集団あらわる!

スポンサーリンク