【わんこのうた】

愛犬の「快」です。

今年で13才になります。

おっとりした性格でとても優しい子なんですが、小さい頃は臆病でビクビクしてる内気な子でした。

オス犬なので成犬になると、足を上げてマーキングを始めると思うのですが…

快は5才になってもマーキングしませんでした。お散歩も家の周りだけで遠くに行くのを嫌がる子だったので、少し心配になったりしていました。

そんな快がガラっと変わったのは…6才のときです。

6才のときに、快が初めて足を上げておしっこをした時は本当に嬉しくて…嬉しくて大泣きました。

私が何気なくやっていた事が、快の〔心の成長〕に繋がっていったようです。

スポンサーリンク

快に、「<おしごと>だよ」と言って、玄関や洗面所からリビングまで何か物を運ぶお仕事をして貰うようになってから…快が生き生きして✨みるみる、変わってゆきました。

犬もやはり生きがいというか、日常で「何かをする!」「成し遂げる!」ことが〔心の自信〕に繋がっていくようです。

現在は…12年生きてきた貫禄が滲み出て、どっしりとした頼もしいワンコに育ってくれました。

快を通して学んだ事が…ものすごく沢山あります。

快とはテレパシーのような…通じ合える世界があり、そのピュアな世界に救われて私は生きてこれたのだと感じています。

毎日、快の背中をかいてあげるのが私の日課です♪

快も私をみると…「背中かいて。」と…すぐに私に背中を向けてくるようになりました。

そんな毎日がとても幸せです(*ˆ﹀ˆ*)

快くん、毎日元気で 楽しく♪

長生き…してね☆

【わんこのうた】

快は今日もまちぶせ

廊下でまちぶせ

目が合えば笑う

目じりが下がるの

快は今日も骨っこ

両手で骨っこ

真剣なまなざし

すぐ飽きてやめるけど

快は今日もジャーキー

全力でジャーキー

お座りして待つの

私の手まで噛むけど

快は今日もおさんぽ

だれかに会えるかな

猫かぶってフリフリ

とびきりの笑顔で

快は今日もゴロン

のびのびしてゴロン

くねくねヘビさん

おなかはブタさん

快は今日もよく寝る

穴ほりしてよく寝る

いつのまにか裏返し

いびきが聴こえる

運命の出逢いは 硝子ごし

心を奪われ 手を伸ばした

小指くらいのシッポをフリフリしながら

私の人差し指を思いっきり噛んだの

きっとふたりは 一目惚れ

いつまでも仲良し

私の友達は わんこ

私もきっと わんこ

〔文芸誌「コールサック82号」掲載

小詩集『小雨模様』より〕

スポンサーリンク